« 梅開花偵察 | トップページ | 2月になれば »

2011.01.30

菜の花見物

IMGP1728_s
公園入口 posted by (C)菊次郎
今日は二時から予定が入っているけどそれまではフリーなので二宮の吾妻山へ
菜の花見物に行ってきました。

色々な人から吾妻山の菜の花は綺麗だよ~って話には聞いていたのですが
アノ階段があって自転車では行けないので避けていました。
そんなこんなで今日は自転車抜きっす!

IMGP1727
100段地点 posted by (C)菊次郎
菜の花を目指して300段の階段をテクテクと上っていきます。
100段毎に立て看板が立ててあり”休憩してからのぼりましょう”なんて
書かれていました。
IMGP1721
200段地点 posted by (C)菊次郎
ラスト100段地点
IMGP1706_s
IMGP1706_s posted by (C)菊次郎
300段上り切ると二宮の街が眼下に広がります。
階段は終わりだけどココから緩い勾配の散策道を歩いて頂上展望台を目指します。
IMGP1700_s
IMGP1700_s posted by (C)菊次郎
散策道には水仙が咲いていて良い香りがしていましたよ!
この散策道は桜の樹が沢山あって4月に桜見物するのに良さそうですね
IMGP1681_s
IMGP1681_s posted by (C)菊次郎
散策道から芝生の斜面を登っていくとやっと菜の花ポイントに到着です。
ふ~ 背中にカメラの機材を背負っていたので疲れたよ(^_^;)
IMGP1642
IMGP1642 posted by (C)菊次郎
うわぁー ここは本当に絶景で凄いですね~♪
IMGP1557_s
IMGP1557_s posted by (C)菊次郎
ここで有名な菜の花越しの富士山ですが...
微妙に雲が富士山の頂上に掛かっていて綺麗に撮れませんでした。
少し粘ってみたけど雲がモクモクと沸き出して富士が隠れてしまったので断念(>_<)
IMGP1575_s
IMGP1575_s posted by (C)菊次郎
余り富士山に拘りすぎてもね 
それに富士の菜の花アングルは多くの人に撮影されていて新鮮味がないからね
IMGP1580_s
IMGP1580_s posted by (C)菊次郎
一通り定番アングルを撮ってからレンズをフィッシュアイに交換して遊んでみました。
IMGP1673_s
IMGP1673_s posted by (C)菊次郎
この上の三枚以外は全部、フィッシュアイで撮ったモノなんですけどね
IMGP1651_s
IMGP1651_s posted by (C)菊次郎
同じ場所でも一歩、前に出たり下がったりするだけどガラリと違う画を
写し出してくるのでフィッシュアイは好きなレンズです。
IMGP1656_s
IMGP1656_s posted by (C)菊次郎
実はコンクールに入選している写真はフィッシュアイで撮ったモノが
多かったりします。レンズに頼りすぎだよな~って自分でも感じているけど
コレが佳作や優秀賞止まりの原因かな?なんて最近、思ったりしています。

あっ 肝心の菜の花ですが画像では綺麗に咲いている様に写っているけど
肉眼で見ると花ビラが黄色から白っぽく色が抜け始めているので
そろそろ終わりの時期に来ている感じです。
IMGP1765
IMGP1765 posted by (C)菊次郎
菜の花ウォッチングイベントで開催されていた雛のつるし飾り展も見てきました。
IMGP1766_s
IMGP1766_s posted by (C)菊次郎
つるし雛って購入しようとすると高いって知ってましたか?
河津桜見物に行った時につるし雛の即売会を開催していて覗いてみたのですが
IMGP1751
IMGP1751 posted by (C)菊次郎
これ良いな!と思って値札を見たら30万円なんて値付けされていて
伸ばした手を即効で引っ込めました。
IMGP1737
IMGP1737 posted by (C)菊次郎
この値段を出すなら私が作る!なんて言い出したお方がいたのですが...
IMGP1750_s
IMGP1750_s posted by (C)菊次郎
つるし雛のスクールに通っていざ作り出すとつるす雛をひとつ作るのに
2~3時間掛かってしまい鑑賞に堪えられるだけの数の雛を作ろうとすると
もの凄い労力が必要だって気付かされたみたいです。

今ではアノ値段は納得!と申しております。

今日のメインレンズはコレです

|

« 梅開花偵察 | トップページ | 2月になれば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花見物:

« 梅開花偵察 | トップページ | 2月になれば »